日本の端っこで、音楽を。

忘備録.. ナクソス多め..

リコンポーズド・バイ・マックス・リヒター - 四季(A. ヴィヴァルディによる) 夏 3 (フィアー・オブ・タイガーズ・リミックス)

ml.naxos.jp

ビート感満載!!のヴィヴァルディの「四季」の「夏」。



こちらのアルバム、「フィアー・オブ・タイガーズ・リミックス」版の「夏」は収録されてないようなのだけど、他のビート感ある曲と、リヒターの「四季」全曲も楽しめます。前半の「四季」は「フィアー・オブ・タイガーズ・リミックス」版のようにビート満載な感じではないけれど、それでも刺激的な編曲の演奏になっています。

1725年に発表されて以来、最も演奏されているクラシック楽曲の一つとして今もなお多くの人々を魅了し続ける、ヴィヴァルディの代表作「四季」。季節の移ろいをテーマにしたこのコンチェルトが、イギリス出身の作曲家、マックス・リヒターの優れた感性によって再構築され、新たなサウンドで鮮やかに蘇る。リヒターによる「四季」は、ミステリアスな雰囲気に包まれながら展開し、現代風にアレンジされたエレクトロニックなサウンドが全体に添えられているのが印象的。オープニングを飾る協奏曲第一番「春」は、第一楽章のヴァイオリンが奏でる鳥のさえずり、そして穏やかなハーモニーの哀調を帯びた第二楽章へと続く。リヒターのゆったりとしたミニマリズムは、ヴィヴァルディによる原曲の要素を尊重したアプローチを見せながらも、躍動的なベースラインと存在感のあるリズムによって新しい感覚が見事に共存し、リヒターの優れた独創性が窺い知れる。さらに、ヴァイオリニストのダニエル・ホープが優しく奏でる抒情的で美しいソロが、この調べを優雅に彩っている。 (iTunes レビューより)

f:id:yukiha8:20170106214537g:plain