日本の端っこで、音楽を。

忘備録.. ナクソス多め..

J.S. バッハ:音楽の捧げもの BWV 1079 (カペラ・イストロポリターナ/ベンダ)

ml.naxos.jp

バッハはプロイセン国王・フリードリヒ2世の御前で演奏を行った際、王自らが与えた主題に基づき様々な即興演奏を繰り広げ、王をいたく感心させました。そして後にこの「王の主題」に基づく様々な楽曲を集成し、王に献呈したのがこの「音楽の捧げもの」です。御前演奏時には即興できなかった6声のフーガを、改めて書き下した最終回答「6声のリチェルカーレ」、恐るべき工夫に満ちた各種の厳格なカノン、あるいは比較的ライトな感覚もある「トリオ・ソナタ」等、一つの材料を変幻自在に調理してしまうバッハの、「音楽の鉄人」ぶりを御堪能下さい。
(CD帯紹介文より)

f:id:yukiha8:20170106214537g:plain

特に「フルート・トラヴェルソ、ヴァイオリンと通奏低音のための無窮カノン」が好きです。



by カエレバ